プロミスの審査では年収が重視される?

プロミスの審査で確実に審査をパスしたい場合、年収は重要な項目です。プロミスの審査では、基準として継続的に安定した収入があるかという収入確認の項目があるためです。

その収入確認において、大切なポイントは次の4点です。

年収の申告で嘘はNG
審査の目安は100万円以上
年収の3分の1以上は借りられない
手取りではなく額面で申告

以下では、各々の項目について詳細に解説していきます。

そもそも、なぜ年収が重要視されるのか?

プロミスに限らず、カードローンでお金を借りようとする場合、借主の返済能力は重要な審査基準です。金融業者は貸し倒れになるリスクを少しでも下げたいので、借主の返済能力が高いほど審査をパスしやすいのです。

当然と言えば当然ですが、返済が滞ったり債務整理をされてしまうと、貸主側としては大損になってしまいますので、「返済能力=年収」を重要視するのです。

では、年収が少ないとお金を借りることはできないのでしょうか?

そうではありません。

借主それぞれの収入に見合った額まではお金を貸してもらえますので、収入が少ない場合は相応の借り入れができます。そのため、年収が少ないために借り入れを悩む必要はありません。

年収から分かるプロミスの審査基準

プロミスの審査基準で年収が影響するのは、借入限度額です。

借入限度額は年収の1/3以下でなければならないという、総量規制と呼ばれる法律があります。そのため、借入限度額は借主の年収が大きく影響してきます。

しかしながら、この年収を確認されない方法があります。

借入限度額を50万円以下に抑えるのです。限度額が50万円以下の場合は、収入証明が不要になるので、年収によって借入額が左右されることはありません。

つまり、年収が150万円未満であっても、最大50万円までは借りることができるのです。

収入確認において、大切なポイント

年収の重要性と、プロミスの審査基準を理解した上で、最初に抑えた4つのポイントを改めて振り返りましょう。

年収の申告で嘘はNG
審査の目安は100万円以上
年収の3分の1以上は借りられない
手取りではなく額面で申告

年収の申告で嘘はNG

少しでも審査での心証を良くしたいからと言って、年収を偽るのはいけません。

審査を受けるときには収入証明の書類を提出しますので、年収はすぐにわかります。その際に虚偽の申告があると、心証を悪くし、審査に落ちてしまう可能性があります。絶対に嘘だけはつかないようにしてください。

上述のように収入が少ない場合でも審査には通りますので、収入が少ないことを正直に伝え、プロミスの担当者に相談しましょう。

審査の目安は100万円以上

審査の時には、借入限度額をいくらにするかもポイントになります。

さきほど説明したとおり、借入限度額が50万円以下の場合収入証明が不要になります。また、他社でも借り入れている場合でも合算で100万円以下であれば同様に収入証明が不要になります。

そのため、限度額が100万円を超えるかどうかを一つの目安として考えた方がいいでしょう。

年収の3分の1以上は借りられない

カードローンを利用するとき、借入金額には上限があります。

金融業者が設定している上限額の他に、年収の1/3以下という基準があります。これは総量規制という法律で決められた限度額ですので、どの業者であっても同じ基準です。

裏を返せば、年収の1/3以下の借り入れであれば、きちんと返済できると法律が認めているのです。

これは借主を保護するための法律のため、まっとうな営業をしている消費者金融であればこの法律を遵守しています。もし総量規制以上に貸付を行う業者がいるとすれば、危ない類と判断し、手を出さないほうがいいでしょう。

手取りではなく額面で申告

最後に、収入証明について説明します。

申告額は、手取り額ではなく額面で報告します。つまり、借入限度額は、額面年収の1/3になります。

所得税によって手取り額と額面とではかなり金額が変わってきます。同じ収入でも手取りで見るか額面で見るかで随分と異なりますので、気を付けましょう。

特筆すべき点は、お金を多く借りられたとしても、返済に使えるお金は手取り額内であることです。あまり高額な借り入れをすると返済に困ることになりかねませんので、あくまでも手取り額の1/3以下に抑えるようなつもりで借りることをおすすめします。

 

年収の高さだけで審査が決まるわけではない

年収が少ないと、審査は通りにくいのでしょうか?

この記事を読まれた方ならすでにお解りかと思いますが、そんなことはありません。年収が少なくても、審査にはパスすることができます。カードローンの審査基準は次の3つです。

継続して安定した収入がある
過去に返済事故を起こした履歴がない
借入限度額が年収の1/3以下である

上記の通り、収入だけが審査基準ではないのです。

3.は年収によって限度額が変わってきますが、1.と2.に関しては年収は関係ありません。たとえ年収が少なくても、継続的に安定した収入があれば問題ありません。

返済事故の履歴ですが、実はこの項目が最も重要なのです。ブラックリストに載っているかどうかが審査に影響するので、この項目に関しては年収は見られません。

過去に返済した履歴があるか、返済能力があるかなど借主の信用性が問われますので、年収よりも重要と考えられます。

そのため、過去に返済事故を起こしたことが無いのであれば、たとえ年収が少なくてもお金を借りることができます。

年収が100万円でも審査に通る?

総量規制について解説しましたが、この制約を受けない場合があります。それは借入限度額が50万円以下の場合です。

この場合は、収入証明が不要になるため、たとえ年収が100万円でも、最大50万円までは借りられることになります。このケースで見ると、年収の1/2まで借りることができることになります。

審査の項目の中に、勤務先への在籍確認というものがありますので、審査の際には必ず勤務先を伝える必要があります。

この在籍確認は、借主が安定した雇用形態であることを確認する行為なのですが、同時に勤務先の会社の経営状況も確認することになります。よっぽど勤務先の経営が怪しくない限りは、在籍する会社がネックとなることはないと言えます。勤務先と雇用形態は偽らずに正確に伝えましょう

つまり、年収が100万円であっても、安定した収入を得ている、きちんと返済能力があることを証明できれば、審査はパスできます。

年収が低くて借入ができないのではと悩んでいる方も、ぜひプロミスの窓口までご相談ください。