カードローンでお金を借りたいけど、就職したばかりで無理だろうと思われている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、実際は無理ではありません。就職したてであっても条件さえそろっていれば、カードローンの審査に通ります。

それでは、カードローンの審査に通るためには、どんなことが必要なのでしょうか?

この記事で詳しく解説していきます。

カードローンの審査に通るために必要な3つのこと!

たとえ新卒サラリーマンであっても、条件さえそろっていればカードローンの審査に通ることができます。審査が厳しいと言われる銀行系のカードローンの審査でも、正規雇用のサラリーマンであれば審査に通る可能性が高いのです。

審査に通るためにはまず審査のポイントを知っておかなければなりません。

例として、三井住友銀行カードローンの審査のポイントを見てみましょう。

カードローン審査の3つのポイント

1.安定した収入がある

2.正社員で職歴が長い

3.過去の返済履歴がキレイか

これらの条件を満たしていれば、たとえ新卒サラリーマンであっても、カードローン審査に通ることは可能です。

新卒のサラリーマンとなると、勤続年数はほとんどないに等しいのですが、それでもカードローンの審査に通ることはできます。

きちんと安定した収入があること、雇用形態が安定していることが証明でき、過去に返済事故の履歴が無ければ、審査基準はクリアできるのです。

正規雇用のサラリーマンであれば、安定した収入があるとみなされますし、ある程度の勤続月数があれば職歴も問題ありません。過去の返済履歴については、職業や雇用形態、職歴が問われることはありません。

カードローン審査の3つのポイント

1.安定した収入がある

2.正社員で職歴が長い

3.過去の返済履歴がキレイか

 

この中で、一番難しい条件が2番目の職歴です。ただしこれについても、一般企業の正社員であれば、ある程度の勤続月数でも審査に通ることができます。

これらのポイントについてもう少し詳しく解説していきます。

1.安定した収入がある

まず最初の条件として、「安定した収入がある」ことが挙げられます。

正規雇用のサラリーマンであれば、安定した収入があることになります。新卒であっても初任給が保証されているわけですから、最低でも1年間はその金額の収入が約束されています。

これを証明するには最新2か月分の給与明細があればOKです。通常は源泉徴収票を使うのですが、勤続数か月では源泉徴収票は発行されないでしょうから、最新2か月分の給与明細を用意しましょう。

つまり、入社したてでは審査に通りません。少なくとも給与明細が2ヶ月分手元に届くまでは審査に申し込むことができません。

2.正社員で職歴が長い

新卒サラリーマンで最も難しいのが、この「正社員で職歴が長い」という点でしょう。正社員という点は、審査上は有利な条件になります。しかし、職歴は1年未満でしょうから非常に厳しい条件だと言えるでしょう。

通常、勤続年数は1年以上であることが望ましいのですが、新入社員だとこの条件は満たせません。三井住友銀行の場合は、最低でも半年は同じ会社に勤務していることを基準にしていますので、会社に入ってから半年は我慢しましょう。半年たてば審査を受けても通る可能性が高まります。

3.過去の返済履歴がキレイか

最後に「過去の返済履歴」ですが、この項目に関しては勤続年数は全く関係ありません。

学生時代にクレジットカードや携帯電話の支払いで焦げ付きがないこと、就職後に奨学金の返済で滞納がないことの2点が条件になります。これらの履歴が無ければ何も問題なくこの基準はクリアできます。

逆に、上記のいずれかに該当するような方は、事象が発生してから5年以上経過しているかを確認してください。5年を経過していないようであれば、審査に申し込んでも落ちてしまいますので、審査に申し込むのは避けてください。

三井住友銀行カードローンの審査に落ちてしまう人の特徴とは?

新卒のサラリーマンでも審査に通るということを説明してきましたが、ここからは審査に落ちてしまう人の傾向を説明します。

審査に落ちてしまう傾向の一つ目としては、雇用状態があります。

雇用状態が不安定だと特に銀行系のカードローンでは審査に落ちる可能性が強いのです。具体的にどういう人かというと、非正規雇用の方、契約社員や派遣社員の方というのは、契約状態が不安定とみなされてしまい、審査に落ちてしまう可能性があります。また、アルバイトやパートの方も銀行系のカードローンの場合は雇用状態が不安定とみなされ審査に落ちる可能性は高まります。

収入が不安定な場合も審査に落ちる可能性が高くなります。自営業者の方で、月々の収入が不安定だと、審査に落ちてしまいます。

また、いろいろなところからお金を借りている場合も審査に通りにくくなります。何社からも借り入れていて、高額な借金を抱えていると、貸し倒れになる可能性が高いからです。

一方で、審査に通りやすいパターンもあります。これは過去の何度もカードローンを利用していて、確実に完済している人が該当します。完済を繰り返していると、初めて借りるよりも信用不度が上がります。

新卒サラリーマンにオススメのカードローンは?

審査に落ちやすい人の傾向を見てみると、特に新卒のサラリーマンだからと言って、該当する項目がないことをご理解いただけたかと思います。

正規雇用というのは、審査に対して非常に有利な条件となるのです。あとは返済能力があるかどうかを収入面で判断されるので、正規雇用のサラリーマンであれば月給は決まっているため安定した収入が見込め、雇用状態も安定しているとみなされます。一定期間以上勤続していれば、この点もクリアできますので、審査に通る可能性は高まります。

それでは実際にカードローンを申し込むとしたらどのようなところがいいのでしょうか?

正規雇用のサラリーマンであるなら、銀行系のカードローンをお薦めします。銀行系カードローンの特長としては、金利が比較的安いという点が挙げられます。また借入限度額を高めに設定できるという利点もあります。そして何よりも審査に有利な点として、収入照明が不要になる限度額が消費者金融に比べて圧倒的に高いということが挙げられます。

そのため、正規雇用のサラリーマンという最大の武器を利用して、銀行系のカードローンに申し込むことをお薦めします。

最近は、銀行系カードローンも月々の返済額が非常に安くなっています。三井住友銀行カードローンなら、月々の返済額は2,000円からになります。消費者金融の返済額が4,000円からというのが多いので、消費者金融よりも安くなるのです。

しかも三井住友銀行なら、審査時間は最短30分です。大手の消費者金融と変わらないスピードです。即日でお金を借りたいときでも利用できます。

こういった観点から、新卒サラリーマンにもっともおすすめできるのは、三井住友銀行カードローンになります。

詳細については三井住友銀行カードローンのホームページをご覧ください。

三井住友銀行カードローン