サラリーマンや公務員などは割と容易にカードローンを利用できますが、自営業となると審査に通るのが難しくなります。その最大の理由は、安定的な収入があることを証明することが難しいからです。

しかし、それでもカードローンの審査に通ることは可能です。では、どうすれば審査に通るのでしょうか?

審査の流れと、審査に通るためのポイントについて、解説します。

自営業でもカードローンでお金を借りられる?

まず第一に、カードローンでお金を借りる場合には、用途に制限がある場合が多数です。

とくに事業用の資金となると、カードローンでは借りられないケースがほとんどです。そのため、自営業者がカードローンの審査を受けても審査に通りにくいのが現状です。

自営業者が審査に落ちてしまう2つ目の要因として挙げられるのが、継続的に安定した収入が得られていることが証明できないケースが挙げられます。

サラリーマンや公務員などの場合は、毎月の給与明細がありますし源泉徴収票もありますので、安定的に収入があることを簡単に証明できますが、自営業の場合給与明細がない場合が多く、あったとしても月々の変動が大きく安定していないことが多いので、審査基準を満たすことが困難になるのです。

では、自営業ではカードローンの審査に通ることはできないのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。きちんと対策を取っておけば審査に通ることができるのです。

ここからは、審査に通るための重要なポイントについて解説していきます。

自営業のカードローン審査のポイント
  1. 必要書類を用意する
  2. 生活費の補てんとして借りる
  3. 自営業OKのカードローンを探す

この3点が重要です。

自営業だからといってカードローンを諦める必要はありません

前述しましたが、自営業だからと言ってカードローンの利用をあきらめる必要はありません。きちんと対策を取っておけば、自営業でも審査に通ることはできるのです。

重要なのは、いかに審査基準をクリアするかです。

自営業者の場合、最も大変なのが、収入を証明することでしょう。収入を証明するための書類を用意することが審査に通るために近道となります。

ここで、審査に有利になるからと言って、確定申告を偽ったりすることは絶対に避けてください。実際の収入より多く申告すると支払う税金が上乗せされるばかりか、公文書偽造の罪になってしまいますので、確定申告はきちんと行ってください。

自営業でも審査に通るための3つのポイント!

自営業の方が審査を受ける際のポイントというものがあります。サラリーマンや公務員とは異なりますので、きちんとポイントを抑えて審査に申し込むようにしましょう。

自営業者がカードローンの審査に申し込む際のポイントは次の3点です。

自営業のカードローン審査のポイント
  1. 必要書類を用意する
  2. 生活費の補てんとして借りる
  3. 自営業OKのカードローンを探す

この3つの要件をクリアできれば審査に通ることができます。

1.必要書類を用意

自営業の方が持っても大変なのが、収入の証明です。従業員には給与明細を渡していたとしても、自分の給与明細はないことが多いのです。

自営業者の場合は、収入証明する書類として、課税証明書を用意することをお薦めします。

課税証明書はサラリーマンや公務員の方の源泉徴収票と同じ役割を果たします。きちんと年収が記載されますので、必ず課税証明書を用意してください。課税証明書は区役所や市役所に行けば数百円で発行してもらえます。

サラリーマンや公務員の場合は、借入限度額が規定以下であれば収入証明が不要になるケースがありますが、自営業者に関しては必ず収入背負うマイが必要になります。必ず審査に申し込む前に用意しておいてください。

課税証明書が用意できれば、後は本人確認に必要な運転免許証かパスポートを用意すればOKです。書類がそろったら審査に申し込みましょう。

2.生活費の補てんとして借りる

次に気を付けたいのが、借入れたお金の使い道です。

大半の金融機関は、事業用用途ではカードローンは使わせてもらえないのです。そのため絶対やってはいけないのが、事業用の用途と伝えることです。

審査に通りたいのであれば、用途を聞かれた場合には、生活費の補てんなどとと伝えてください。事業主としてではなく、あくまでも個人として利用するのだということを明確にしましょう。

もし事業用の用途でお金を借りたいのであれば、カードローンよりも良いものがあります。

事業用の用途であれば、事業者向けローンというものがありますので、金融機関に事前に相談しましょう。この場合は銀行に申し込んだ方が良いでしょう。特に地方銀行の場合は、中小の企業に対しても貸し渋りはしていませんので、地域に密着した地方銀行に相談すると良いでしょう。

3.自営業OKのカードローンを探す

念には念を入れておきたいのであれば、最初から自営業者でもOKというカードローンを申し込みましょう。

自営業者でもOKというカードローンは結構あります。特に大手の優良な消費者金融では割と融通が利き、自営業者にも積極的に貸してくれる傾向があります。

そういった点では、カードローンに限って言えば、銀行系よりも、消費者金融系の方が自営業者には向いていると言えます。

消費者金融のホームページを調べた限りでは、大手の消費者金融はどこも自営業者OKと謳っていますので、安心して審査に申し込むことができます。

銀行系のカードローンは、自営業者に対しての審査は厳しいようです。かなりの黒字を出しているのならいいのですが、赤字経営だったりするとまず審査には通りません。

銀行系と消費者金融、自営業に有利なのはどっち?

銀行系のカードローンのホームページを確認したところ、自営業者OKという表示はありませんでした。

一方、消費者金融の場合は自営業者でもOKとはっきりと表示してありました。ホームページを見比べた限りでは、消費者金融の方が自営業者に対して理解があるようです。

また口コミを見ても、自営業の人がお金を借りられたケースは、ほとんどが消費者金融のようです。

どうしても銀行からお金を借りたいのであれば、カードローンでなく事業者向けローンを申し込むことをお薦めします。この場合は用途が事業向けに限られますが、自営業者でもローンが組めます。

カードローンが組みたいという方は、消費者金融のカードローンに申し込むことをお薦めします。

最近では、銀行系でも消費者金融でもそれほど金利に大きな差はありませんので、借りやすい方法で、借りやすいところから借りることをおすすめします。

自営業におすすめのカードローン

それでは、自営業者の方はどんなところでカードローンを申し込んだらいいのでしょうか?

ここでお薦めしたいのが三井住友銀行グループのモビットという会社です。

モビット

どこの消費者金融でも、審査の基準は変わりませんが、モビットの特徴としては、在籍確認の電話がないという点が挙げられます。自営業者の方は、家族で営業されているケースが多いと思いますが、そんな職場に電話が掛かってきてしまうと、家族に借金することを知られてしまいます。そういう危険がないことからもモビットをおすすめします。

しかもモビットなら銀行系のカードローンとそれほど金利にも差がありませんので安心です。しかも月々の返済は4,000円からと、かなり楽に返済できるプランになっています。

詳しくはモビットのホームページを見てください。自営業者の方もOKとはっきりと記載していますので、安心して申し込むことができます。