手元にお金がなくカードローンを利用するというのは逃げなのでしょうか?

カードローンを利用される方は、利用に際し罪悪感や不安を抱えていることも少なくないでしょう。しかし、カードローンも賢い使い方をすれば人生を助けてくれることもありますし、生活を楽にしてくれることもあります。

大切なのは、使い方です。

この記事では、カードローンを実際に使用して成功した方の例を解説します。

お金を借りること=逃げ?

お金を借りるということは、決して悪いことではありませんし、現実逃避でもありません。きちんとした使い道があって、それを補う賢い使い方をするのであれば、問題ありません。

急に大金が必要になったり、予定外の出費があって生活を圧迫してしまったり、長い人生の中ではそのようなケースもいくらかあります。

そんなときに、カードローンはあなたを助けてくれます。

では、どんな使い方であればいいのでしょうか? いろいろなケースが考えられますが、ここでは例として3つのケースを紹介します。

  1. 学費の足しとして利用する
  2. 留学などの資金にする
  3. 急な出費の穴埋めに使う

計画的に使用すれば、決して悪い使い方とは言えません。

人間関係を崩さないお金の借り方とは?

では、どのようにすれば現状の人間関係を崩さずにお金を借りることができるのでしょうか?

親や親せきから借りるのは一見楽そうに見えますが、まとまった大金はなかなか用意できるものではありません。また、友知人から借りた場合でも言えるのは、一番怖いのは、人間関係を損ねてしまうことです。身近な存在ほどお金が絡むとこじれることが多いのです。

そのため、ビジネスライクに借りられる、カードローンが安心でしょう。

カードローンであれば、月々の返済額も無理のない範囲になっていますから、きっちりと計画を立てれば返済に困ることもありません。

お金を借りることで問題を解決した人の例

それでは、お金を借りて、問題を解決した、良いお金の使い方をした例を見ていきましょう。

先ほど概要を述べましたが、下記のようなケースは、カードローンによって問題を解決した良い事例です。

  1. 学費の足しとして利用する
  2. 留学などの資金にする
  3. 急な出費の穴埋めに使う

これらのケースで上手くいった具体例を詳しく解説していきます。

1.学費の立て替えをして進路が決まった

アルバイトをして学費を稼いでいる方にとっては、就職活動というのは大変なものです。就職活動期間は、思ったようにアルバイトができず、収入も減少してしまうでしょう。やっと内定をもらったとしても、今度は卒業までに払う学費がないなんてことにもなりかねません。

そういった場合に、あなたの人生を手助けしてくれるのはカードローンです。カードローンは学生であっても、成人していて収入があれば利用することができます。

就活で内定をもらったけど学費が払えず、最後の1年はカードローンで乗り切った、というような例が実際にあります。

内定をもらってからアルバイトを再開したり、就職してから計画的に返済していけば、借金地獄に陥ることもないでしょう。

苦学を強いられている人にとっては、カードローンは助けになります。

2.留学のチャンスをカードローンで立て替えた

次に挙げられる事例が、留学資金としてカードローンを利用するというものです。海外留学となるとそうめったにチャンスがあるわけではありません。しかし留学には費用が掛かることも確かです。

このような場合に、将来計画的に返済することを前提に、一時的に資金を借りるというのは、悪い使い方ではありません。

カードローンを利用する方の中には、学費を調達するために利用している人も多数います。そういう身のある使い方であれば、とても良い使い方だと言えるでしょう。

3.急に壊れた水道管の修理費用に使った

最後に紹介するケースは、家庭でありがちな話です。

急に水道管が壊れてしまったとか、風呂の給湯器が壊れてしまったなど、急な出費があった場合、一度に全額を払うと生活費を圧迫してしまうことになります。

しかし修理の支払いとなると、クレジットカードは使えず、一括で支払うことを余儀なくされるでしょう。このようなときにカードローンを利用すると、分割で支払うことと同じ意味を持ちます。

つまり、クレジットカードの感覚でカードローンを利用するのです。日常的にこのような使い方をするのは問題がありますが、一時的にしのぐために使うのであれば、賢い使い方と言えるでしょう。

ここで紹介した3つの事例は、カードローンを使うことで人生が開けたり、日常生活を乗り切ったりといったケースで、どれも良い使い方をしている事例と言えます。

返済計画を立てれば、お金を借りることは逃げではない

一時的に急にお金が必要になってカードローンを利用したとしても、使い方次第で良くも悪くもなるのですが、賢い使い方をしたいのであれば、必ず返済計画を立てて、きちんと計画通りに返済するようにしてください。

人生の岐路などでお金を借りるという方は、何度も借り続けるなどといった使い方はしないでしょうから、返済計画通りに返済していれば、そう遠くない将来には完済できます。

お金を借りることが逃げになるケースというのは、その使用目的に問題がある場合です。

最も悪い例として挙げられるのが、ギャンブルの資金として借りるケースです。これは手元にお金がないにもかかわらず、その場を楽しみたいがために後先考えず借りてしまうというケースです。こういう使い方をしていると、返済も運任せになり、負けが続くと借金まみれになってしまうのです。

いつ入ってくるかわからないあぶく銭を返済に充てようとするのですから、目も当てられません。当然返済計画なんてものはなく、その日暮らしになっていくのでしょう。

 

賢く利用するために、おすすめのカードローン

では賢い使い方をするにしても、どういったところからお金を借りるのが良いのでしょうか?

ここでお薦めするのは、大手の優良な消費者金融であるプロミスです。

プロミス

なぜ金利が安く安心して利用できる銀行系ではなく、大手の消費者金融を紹介するのかというと、それは職業に関連してきます。

先ほどの事例で挙げた中には、苦学生のケースを二つほど挙げさせていただきましたが、そういった方はアルバイトで収入を得ている方がほとんどでしょう。

銀行系の場合は、職業がアルバイトだと、審査に落ちる可能性が高いのです。一方、消費者金融の場合は、アルバイトでも審査に通ることができます。審査申し込みの時に使い道を伝えて相談すれば、親身になって相談に乗ってくれます。

このように、融通が利くのは消費者金融の特徴と言えるでしょう。銀行系は金利が安いという利点はありますが、お役所的なところもあり、標準的なケースから外れるような、融通を利かすことはまずありません。

そのため、消費者金融をお薦めします。しかもプロミスなら、銀行系のカードローンと金利はそう変わりません。しかも三井住友銀行のグループ会社ですから、身元もはっきりしていて安心して利用できる優良な金融業者なのです。

まずはプロミスのホームページを確認し、ご利用を検討ください。