専業主婦=無収入だから……と、お金を借りることをあきらめていませんか?

家計のやりくりを行っていれば、一時的な出費でどうしてもカードローンの利用が必要になることもあります。

実は、専業主婦でもカードローンは利用できます。しかし、そのためには審査基準を満たすひつようがあります。

ではどうすれば審査に通ることができるのでしょうか?

この記事では、専業主婦の方のため、審査基準と安心できるカードローン業者の選び方を解説します。

専業主婦がお金を借りるなら銀行カードローンがベスト!

意外なことに、審査が厳しめと言われる銀行系のカードローンであれば、主婦の方も利用できます。

銀行系カードローンの審査基準は、配偶者の収入によるところが大きいのです。これは消費者金融にはない特徴と言えます。その他の銀行系カードローンの特徴をまとめると、以下の通りになります。

銀行カードローンの特徴
  1. 銀行ならではの安心感
  2. 金利が安い
  3. 配偶者の年収で借りれる

銀行系カードローンには上記のメリットがありますので、実際に業者を選ばれる際は参考にしてください。

なぜ、銀行系カードローンで専業主婦がお金を借りられるの?

前項目で、収入のない専業主婦の方でも銀行系カードローンを利用できると説明しまし。では、なぜ専業主婦は消費者金融からはお金を借りることができないのでしょうか?

それは、貸金業法にある総量規制という法律が適用されるからです。

総量規制とは、借入額が年収の1/3を超えてはならないという法律です。収入がないということはその1/3もゼロです。

そのため、専業主婦は消費者金融ではお金を借りることができません。

一方、銀行系カードローンの場合は、総量規制の適用対象外になります。したがって、自分の収入がなくてもお金を借りることができるのです。

ただし、配偶者に安定した収入があることが前提になりますのでご注意ください。

お金を借りる専業主婦に銀行カードローンがおすすめな理由とは?

もう一度銀行系カードローンの特徴を確認しておきましょう。

銀行カードローンの特徴
  1. 銀行ならではの安心感
  2. 金利が安い
  3. 配偶者の年収で借りられる

ここで、もっとも大事なのは3番目の、配偶者の収入で借りられるという点です。

それでは、各項目について以下に詳しく解説していきます。

1.銀行ならではの安心感

銀行系のカードローンは、一般的に消費者金融よりも金利が低めです。同じ金額を借入れたとすると、返済する額は銀行系の方が安くて済みます。返済のことを考えると少しでも安く済む方が安心できると言えるでしょう。

そして、銀行系カードローンが安心できる他の理由は、悪徳業者がいないという点です。

消費者金融で、主婦が配偶者の同意もなく借り入れができるところは要注意ですが、銀行系であれば大手が運営していることもありますので、安心して利用できます。

2.金利が安い

銀行系カードローンは消費者金融に比べて金利が安いというのも特徴の一つであることを述べましたが、もう少し掘り下げて説明します。

銀行系カードローンの場合金利は年2%程度から14%程度です。大手の消費者金融の場合は少し金利が高く、4%から18%です。数%の差であっても、返済額にしてみれば、かなりの差になってきます。

そんため、銀行系カードローンの方が返済額が少なくて済み、安心できます。

3.配偶者の年収で借りられる

銀行系カードローンであれば、審査は配偶者の収入によって行われます。

また、専業主婦自身には収入がないこともわかっているため、借入限度額も低めに設定されます。このような制約はありますが、夫や同居家族の収入が担保となり、収入がなくともお金がかりられます。

 

専業主婦が銀行カードローンの審査に通るための審査基準とは

それでは、実際に専業主婦が銀行系カードローンの審査を受ける際の審査基準とは、どういうものなのでしょうか?

サラリーマンなどが審査を受ける際の基準は、

  1. 安定した収入があること
  2. 過去に返済事故の履歴がないこと
  3. 借りすぎていないこと

という項目が挙げられます。

2番目と3番目については、収入には関係ないため理解しやすいと思われますが、1番目の「安定した収入」の基準について、疑問に思われることでしょう。

銀行系のカードローンの場合、大抵専業主婦だと借入限度額が30万円以下に制限されています。つまり、配偶者の収入全てが評価されるのではなく、その内の主婦が自由に使えるお金がいくらかという視点で審査されるのです。

お金を借りる後の返済計画もしっかりと!

銀行系カードローンの金利が安く、しかも最大で借りられても30万円までだから返済も簡単にできるだろうと思いがちです。

しかしながら、専業主婦の場合、自由に使えるお金は限られている方が多いのも事実です。そのため、返済のこともしっかりと考えてお金を借りるようにしましょう。

実際にお金を借りる前に返済シミュレーションを行い、返済計画を事前に立てておいてください。

月々の返済については、同じ銀行系でもかなりの差があります。10万円を借りたとして、月々の返済額は少ないところでは月々2,000円というところから、高いところでは月々10,000円というところまであります。

そのため、お金を借りる前にきちんとシミュレーションをしておけば、月々の返済額が少ないところを探すことができ、返済計画も立てやすくなるのです。

返済額が少ないカードローンは?

三井住友銀行カードローン
また、銀行系カードローンで、もっとも約定返済額(最少返済額)が少ないのは三井住友銀行カードローンです。

三井住友銀行カードローンの場合は、比較的約定返済額が少ない消費者金融よりも安いので、月々の返済も非常に楽になります。

まずは三井住友銀行カードローンのホームページでご確認ください。こちらには返済シミュレーションのサービスについても載っていますので、ぜひ参考にしてください。