初めてカードローンを利用される方は、いろいろと心配事があるでしょう。

どんなところを選べばいいのか、本当に安心して利用できるのかなど、初めてカードローンを利用される方対象に、金融業社の選び方やカードローンの注意点についてお伝えします。

初めてお金を借りるときに大切な5つのポイント

初めてカードローンを利用される場合、大切なポイントは大きく分けて、2つあります。

ひとつは、悪徳なヤミ金に引っ掛からないために気を付けること。そしてもう一つは、返済できないような状況にならないこと

どんな点に気を付けると優良な安心できる業者を選ぶことができるのでしょうか? また、返済できないような状況をさけるにはどのようにすればいいのでしょうか?

まずは、次の5つを心がけるようにしてください。

初めてお金を借りるときに大切な5つのポイント

1.大手を選ぶ

2.金利が安いカードを選ぶ

3.最低返済額で比較する

4.借り過ぎない

5.返済計画を必ず立てておく  

お金を借りて失敗する人が多い一番の原因とは?

カードローンでお金を借り過ぎて失敗するという例が散見されます。このような場合、何を誤って、失敗してしまったのでしょうか?

傾向として、お金を借り過ぎて、返済のやりくりがうまくいかなくなってしまう人が多いようです。

返済能力を超えて、お金を借り過ぎているというケースがほとんどです。

つまり無計画にお金を借りていると、返済が立ち行かなくなるということです。

お金を借りるときに失敗しない5つの注意点!

それではカードローンで失敗しない点のポイントについておさらいしておきましょう。初めてカードローンを利用される方は、このポイントに注意を払ってください。

初めてお金を借りるときに大切な5つのポイント

1.大手を選ぶ

2.金利が安いカードを選ぶ

3.最低返済額で比較する

4.借り過ぎない

5.返済計画を必ず立てておく  

これらに注意しておけば、まず失敗することはありません。

それでは、それぞれのポイントについて詳しく説明していきます。

1.大手を選ぶ

優良金融業者選びの最初のポイントです。

あなたが正規雇用のサラリーマンや公務員であれば、安心できる銀行系のカードローンに申し込むといいでしょう。

非正規雇用の場合や、アルバイト、パートの場合は消費者金融を利用することをお薦めします。

消費者金融で安心できる業者を選ぶのであれば、まず金融業者の規模が一つの目安です。できるだけ大手の金融業者を選びましょう。

大手の消費者金融は、たいてい銀行かクレジットカード会社の傘下に入っています。そのため合法的な営業をしており、金利も比較的安いので安心して利用できます。

もう一つ、大手の消費者金融をおすすめする理由があります。

大手の消費者金融は、利用者の評判がよく、リピート率も高いのです。悪徳業者の場合は、その悪い評判が広まりますので、決して会社規模は大きくなりません。

そのため、確実に優良な金融業者を選びたい場合、大手に絞れば安心できます。

2.金利が安いカードを選ぶ!

金融業者選びの次のポイントは、金利です。銀行系のカードローンは、どこも比較的安いので間違いありません。

消費者金融の場合、貸金業法という法律に則った営業をしているかどうかが、金利を見ればわかります。

貸金業法では法定金利が年20%以下と定められていますので、優良な消費者金融であれば、金利は必ず20%以下になっています。逆に悪徳業者の場合は法外な金利を設定しているところも多いので、金利が一つの目安になります。

そして金融業者選びで大切なのは、法定金利の中であっても、できるだけ金利の安いところにするということです。

金利は、各社のホームページを見ればすぐにわかります。親切なところは借入限度額ごとの金利まで記載しています。そのため、自分が借りたい金額の場合、金利がどのくらいになるのか推測することができますので、念入りにリサーチし、安い業者を選んでください。

3.最低返済額で比較する

そしてもう一つの業者選びのポイントが、約定返済額です。

約定返済額というのは、最低の月々の返済額のことです。これは業者によってまちまちです。返済の容易を考えると、少しでも最低返済額が少ない方が良いでしょう。

月々の返済額が少ないということは、返済計画が立てやすいというメリットがあります。少しでも最低返済額の少ないところを選ぶ方が安心でき、失敗するリスクも低くできます。

ただし、1点注意しておかなければならないことがあります。

月々の返済額が少なくて済むということは、返済期間が長くなります。返済期間が長くなると、支払う利息が多くなります。そのため、結果的に総返済額が高くなってしまう点に注意してください。

なお、月々の返済に関しては、最低返済額を定期的に返済していくのとは別に、任意返済というものもあります。資金に余裕があるときには追加で返済できるという仕組みです。

総返済額を少しでも減らして、返済期間を短くしたいのであれば、この仕組みを利用できますので、任意返済をうまく利用していけば、約定返済額が少ないことの欠点はあまり考慮しなくてもよいでしょう。

4.借り過ぎない


カードローンでの失敗は、借り過ぎによるパンクがもっとも多いのです。

そのため、自分が月々いくらまでなら返せるのかをきちんと理解したうえで、借りるようにしましょう。

限度額が高く設定できたからといって、枠ぎりぎりまで借りるというのは、後々の返済で困ってしまう羽目になりますので、くれぐれも注意してください。

5.返済計画を必ず立てておく!

むやみに借り過ぎてしまうこととつながってくるのですが、返済が滞ってしまう原因の一つに、返済計画を立てていないという点が挙げられます。

初めてお金を借りる方は、お金を借りる前に返済計画をきちんと立てておきましょう。

自分の所得から、生活費などを差し引いて、実際に返済に回せる額を算出し、月々の返済額がそれを上回らないようにすれば、無理のない返済計画を立てられます。

このように、具体的な返済可能額を算出しておくことで、むやみな借り入れを防げます。

失敗しないよう、注意点をしっかり守りましょう

ここまで、カードローンで失敗しないための注意点をお伝えしてきましたが、これらの点に注意していれば、業者選びも返済も失敗することはありません。

手間と感じるかもしれませんが、失敗を防ぐためには必要なことです。

 

無計画に借りることこそが危険なのです。

また、返済計画について不安があるときは、銀行系でも優良な消費者金融系でも、返済相談が受けられます。これは借りるときでも借りた後でも利用することができます。

より簡単に返済計画を練りたい場合は、返済シミュレーションというサービスもあります。これらのサービスをうまく利用して、計画的な借り入れと返済を心がけてください。

これらのサービスについては、各銀行や消費者金融のカードローンのホームページに詳細が記載されています。