アコムの審査に通らない時は次の4つが原因です

アコムに限らず、貸金業を営んでいる業者はどこでも同じことが言えますが、アコムの場合は、特に下記のように審査基準を満たしていないと審査に落ちてしまいます。

  • 滞納履歴が残っている
  • すでに借り過ぎている
  • 審査を申し込み過ぎている
  • 過去に長期的な滞納がある

つまり、ブラックリストに載っていたり他社からの借り入れが多額だと、信用面の問題により審査に落ちてしまうのです。

ではどんなことに気を付けて審査を受ければよいかを説明しましょう。

アコムの審査基準は明確だからこそ対策もできる!

アコムの審査基準は至って明確です。概ねどこの金融機関でも同じなのですが、下記のとおりです。

継続的に安定した収入があること
過去に返済事故を起こした履歴がないこと
限度額が年収の1/3以下であること

この3つの条件を満たすことが必須要件です。

アコムの審査に通らないときの原因と対策!

きちんとした収入があるのに、審査に落ちてしまうのは、たいてい過去に返済事故履歴があるか、借り過ぎの場合です。

信用面で問題が見つかると審査に通らないことは説明しましたが、今一度要項を確認してみましょう。

下記の一つでも該当する場合は、基本的に審査に通ることができません。

  • 滞納履歴が残っている
  • すでに借り過ぎている
  • 審査を申し込み過ぎている
  • 過去に長期的な滞納がある

1.と4.は、返済事故の履歴があるとみなされてしまいます。
2.と3.は、多重債務を抱えてしまっている場合あるいはそのリスクが非常に高い場合とみなされます。

では、どうすれば審査基準をクリアできるのか、各問題別にを詳しく説明していきます。

1.滞納履歴が残っている

まずは滞納履歴が残っている場合です。

この対策としては、滞納していた借入れを完済させてください。

過去に事故の履歴があっても、完済していれば審査に通る可能性があります。実は過去に借り入れがあった場合、きちんと完済されていれば、初めて借り入れをする場合よりも信用面でのポイントが上がります。

過去の返済事故が軽微な場合、例えば数か月間の滞納程度であれば、完済していることが逆に信用情報になりますので、ブラックリストに載っていたとしても審査に通る可能性があります。

既に完済しているという方は、審査時にその旨を伝えるようにしましょう。

2.すでに借り過ぎている

既に何社からか借り入れをしている場合、その総額が問題となります。

総量規制という法律があるので、年収に対しての借入総額が1/3を超えてしまうと、それ以上借り入れられなくなります。これは1社からまとめて借りる場合も一緒です。

そのため対策としては、他社からの借入額を極力減らし、さらに新たに借り入れる額を足しても年収の1/3以下となるようしましょう。そうすれば、この基準はクリアできます。

多少資金繰りが厳しくても、借入総額を少しでも減らしている方が、審査をパスしやすくなります。どうしても年収の1/3を超えてしまう場合は、総量規制が適用されない銀行系のカードローンをお薦めします。

3.審査を申し込み過ぎている

同時に複数の金融業者に審査を申し込んでいる場合も、審査に落ちてしまいます。これは総量規制に引っ掛かってしまう可能性があることと、多重債務になり返済が不可能な状態に陥ってしまうリスクが大きくなるためです。

同時に何社かに審査を申し込んだ場合、カードローン会社から指定信用情報機関への問い合わせによって、その状況が知られてしまいますので、黙っていれば大丈夫という話ではありません。嘘は必ずばれてしまいます。

審査に通るか不安だから、保険のために複数社に同時に申し込む、ということは絶対に避けてください。

これは、自分で審査のハードルを上げてしまうになります。どこか1社で審査に落ちると、その履歴が指定信用情報機関に残ってしまうため、他社の審査も落ちることになってしまいます。どんなに多くても、すでに借り入れているところを含めて3社以内に抑えておきましょう。

急いでお金を工面しなければならないのであれば、同時に複数の業者に審査を申し込むのではなく、1社に絞って申し込んだ方が確実です。

4.過去に長期的な滞納がある

過去に長期的な滞納があった場合も、返済事故となりブラックリストに載ってしまいますので、基本的には審査に落ちてしまいます。これは信用面での審査をパスできないからです。

ただしこちらも、既に完済されているのであれば、相談する余地があります。過去の債務を完済しているということは、信用を回復しているということになるからです。

そのため、過去の自己履歴を隠すのではなく、正直に話したうえで、その借入が完済できていることをきちんと伝えましょう。

ブラックリストに載っていないか調べるなら!

過去に返済事故を起こしていても、通常5年、自己破産の場合でも10年経過していれば、ブラックリストからは外れます。

少しでも不安な要素があるのであれば、指定信用情報機関に問い合わせすることをお薦めします。指定信用情報機関であるCICやJICCのホームページからすぐに確認できます。

時期的にきわどいのであれば、審査を申し込む前に確認しておくことをお薦めします。

それでもアコムの審査に通らない時は?

これまでに説明したことをすべてやったとしても、アコムの審査に通らないこともあります。それはどんな場合なのでしょうか?

次のようなことがあると審査に落ちる可能性があります。

  • 年収を偽っている
  • 勤務先を偽っている
  • 住所等連絡先を間違えている
  • 必要以上のお金を借りようとしている

対策としては、誠実な対応を心がけるのが一番です。

  • 年収を偽っている
    ⇒ たとえ年収が少なくても安定した収入さえあれば、お金は借りられますので、正直に本当のことを話しましょう。
  • 勤務先を偽っている
    ⇒ 勤務先を偽っていると、在籍確認の段階で嘘がばれてしまいます。勤務先についても正直に話しましょう。
  • 住所等連絡先を間違えている
    ⇒ 住所等の連絡先を間違えて伝えていると、本人確認ができずに審査に落ちてしまうことがあります。審査を申し込む際には、連絡先に間違いがないかしっかりと確認するようにしましょう。
  • 必要以上のお金を借りようとしている
    ⇒ 既に説明していますが、借入総額には総量規制という法律が適用されます。ですからこの基準を超えてはお金を借りることができません。借り入れる額は年収の1/3以内に収めましょう。

条件さえ満たせばアコムの審査には必ず通ります!

ここまで、審査に落ちてしまうポイントと、審査に落ちないための対策を説明してきました。基本的に審査をクリアする条件が整えば、審査に通る可能性が高まります。

過去の返済事故履歴は、その時の借り入れがきちんと完済されていれば、逆に信用があがり、審査のハードルがぐっと下がります。また借入金額や、借入先を少なくすることでも審査をパスする可能性は高まります。

審査を申し込む前に、これらの条件を満たしていれば、審査には通るのです。それでも心配であれば、アコムのホームページから、3秒診断をやってみてください。そうすれば審査に通るかどうかをある程度確認することができます。

3秒審査をクリアすれば、あとは本審査に申し込むだけです。今すぐ現金が必要であれば、アコムのホームページを事前に確認しておくことををお薦めします。