アルバイトで収入を得ている方は、決して収入が多いとは言えないでしょう。しかし、たとえ年収が100万円でもカードローンでお金を借りることはできます。条件さえそろっていれば審査に通ることができるのです。

この記事では、年収100万円のアルバイトでも審査に通るためのポイントを説明します。

アルバイトが審査に通るには?

たとえアルバイトやパートで収入が少なかったとしても、カードローンの審査に通ることはできます。毎月きちんとした収入さえあれば、収入に見合った額の限度額が設定されますので、職業によって審査に落と落とされるということはありません。

では、審査に通るにはどうしたらいいのでしょうか?

アルバイトが審査に通るには?
  1. 在籍期間が長いこと
  2. カードや携帯の支払いで滞納がない
  3. 限度額を控えめにする

このあたりがポイントになります。

大手カードローンならアルバイトへの融資も積極的です

大手の消費者金融の場合、新規顧客を獲得したいので、融資も積極的です。無職の場合は融資を受けることはできませんが、アルバイトやパートであれば、毎月収入がありさえすれば、融資をしてくれます。

この点は、銀行系のカードローンよりも消費者金融系のカードローンの方が融通が利きます。

ただしお金を貸すほうとしても回収のリスクはありますので、融資する金額は少なくなります。借入限度額が低く設定されるのです。

優良な消費者金融の場合、貸金業法という法律に則って営業をしています。この法律の中には総量規制という項目があります。年収の1/3以上の限度額が設定できないという規制です。

この規制の範囲内であれば、たとえ年収が少なくとも審査に通る可能性が高くなります。

年収100万円のアルバイトでも審査に通った3つのポイント!

アルバイトなのに審査に通ったという人はたくさんいます。カードローンの審査基準に合致していれば、審査をクリアすることはできるのです。

では実際に審査に通った方というのはどんな共通点を持っているのでしょうか?

調べてみたところ、概ね次のような条件に当てはまる人が多いようです。

アルバイトが審査に通るには?
  1. 在籍期間が長いこと
  2. カードや携帯の支払いで滞納がない
  3. 限度額を控えめにする

これらの条件を満たしていれば、審査にパスする可能性が非常に高くなるのです。

それではそれぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

1.在籍期間が長いこと

まず最初に挙げられるのが、アルバイト先の在籍期間が長いことというのが挙げられます。

審査基準の一つに、「継続的に安定した収入が見込めること」というのがあります。

たとえアルバイトでもアルバイト先での在籍期間が長ければ、「継続的に」という点をクリアできます。そして、金額は少ないかもしれませんが、月々決まった額以上の収入があれば、「安定した収入」という点もクリアできます。

たとえ年収が100万円以下であったとしても、月々7~8万円程度の収入が得られていれば問題ありません。

月のよって収入がなかったりすると、審査に通ることが厳しくなりますが、たとえ少額でも毎月の収入があればOKです。

2.カードや携帯の支払いで滞納がない

次にクレジットカードや携帯電話で滞納がないという点が挙げられます。

審査基準の一つに、「返済事故の履歴がない」という項目があります。これはブラックリストに載っていないということが条件になります。

ブラックリストに名前が載ってしまう場合とは、

  1. クレジットカードや携帯電話で滞納がある
  2. 奨学金の返済で滞納がある
  3. 代理弁済を受けたことがある
  4. 債務整理や自己破産をしたことがある
  5. カードを強制解約されたことがある

こういった場合です。

これらの履歴がなければ何も問題はありません。

3.限度額を控えめにする

最後に、限度額を控え目にするという点が挙げられます。

消費者金融の場合、借入限度額が50万円以下なら収入証明が不要になります。ですからまずはこの金額が目安になります。

そしてもう一つ大事な事項が、総量規制というものです。貸金業法に定められた規定なのですが、年収の1/3を超える限度額が設定できないようになっています。

年収が100万円だとすると、33万円以下になります。収入証明のいらない、限度額50万円以下よりも少なくなりますが、この場合は収入額を申告しなくていいのですから、限度額は50万円まで設定できることになります。

決まり事でいうと限度額は50万円まで行けるのですが、返済のことを考えると50万円には設定しない方が良いでしょう。

総量規制の金額を目安にして、無理のない返済ができる、30万円程度に抑えておくのが良いでしょう。

いくら収入が少なくても、審査には通るとはいえ、職業がアルバイトであると収入面の不安がありますから、お金を貸す側としては回収不能のリスクをできるだけ小さくしたいので、限度額が低いほうが審査には通りやすくなると考えてください。

選ぶなら銀行カードローンより消費者金融系がおすすめ!

あなたの職業がアルバイトやパートだとしたら、銀行系のカードローンよりも消費者金融系のカードローンをお薦めします。

銀行系のカードローンの場合、職業が問われるケースがほとんどです。アルバイトやパートだとすると、銀行系カードローンは理由を付けて融資を断ります。正社員を相手にしか融資をしないケースが多いです。ですから銀行系は避けたほうが良いでしょう。

一方消費者金融の場合は、前述した通り、新規顧客の獲得に非常に積極的ですから、職業自体を問題にすることはあまりありません。貸し付ける額で制限を設けるだけです。

あなたの職業がアルバイトやパートであるなら、消費者金融のカードローンの方が良いでしょう。

最近は、消費者金融の金利も銀行系カードローンとほとんど差がなくなってきています。そして優良な金融業者もたくさんいます。こういった優良な業者からお金を借りるのであれば、銀行系とそう変わらないということを知っておいてください。

参考初めてお金を借りるなら「消費者金融」がオススメな理由5つ

しかし、消費者金融となると、悪徳業者に引っかかるのではないかと心配される方もいるでしょう。

では、どうすれば優良な業者を選ぶことができるのでしょうか?

その一つの目安としては、銀行のグループ会社かどうかということになります。大手の消費者金融は銀行のグループの傘下に入っていることが多いです。銀行の傘下と聞くと安心できるのではないでしょうか?

こういった情報はホームページを見るだけで確認できますので、事前に確認しておくようにしてください。

三井住友銀行グループのモビットなら審査も早く安心です!

消費者金融の中でも、銀行系列のところが安心だと説明しましたが、審査に通りやすいポイントも踏まえるとどこが良いのでしょうか?

ここでお薦めできるのが、モビットです。モビットであれば三井住友銀行のグループの会社ですから、安心して利用できます。

そしてモビットの場合、Web完結申し込みをすれば、本人確認や在籍確認の電話が一切ありません。申し込みや融資の手続きはカードレスで、全てインターネットとメールで完了してしまいます。非常に便利です。

さらにモビットのもう一つの特徴が、月々の返済額が非常に安くて済むという点です。10万円以下の借入額なら、月々の返済は4,000円です。返済が楽ですので、安心して利用してもらえると思います。

このように、いろいろなメリットがあるのがモビットです。まずはホームページをご覧ください。