お金を借りる理由の多くは生活費の補てんです

カードローンでお金を借りる場合、その用途には制限がある場合があります。事業用の資金はカードローンでは借りられないのが普通です。

では、生活費の補てんの場合はどうなのでしょうか?

生活費の補てんという用途であれば、何も問題ありません。

実際にカードローンでお金を借りている人の多くは生活費の補てんを目的に借りています。食費や交際費、学校や塾で発生する費用など、様々な理由はありますが、生活費の補てんを目的としている方はかなり多いです。

ギャンブルの資金や遊興費として借りるという人も中にはいますが、どちらかというと特殊なケースで、多くの場合は生活費の補てんのためです。

ですから、生活費の補てんのためにお金を借りるというのは、何も後ろめたいことはありません。

大手カードローンなら生活費の補てんで借りても大丈夫!

生活費の補てんを目的にお金を借りるとなると、それほど高額な借り入れではない場合が多しでしょう。また、収入があればすぐに返すことができる場合が多いと思います。

そんなときにどこからお金を借りるのが賢いのでしょうか?

それは、まず優良な金融業者から借りるというのが大前提になります。悪徳業者から借りてしまうと、一時的にお金をお借りたつもりが借金地獄にはまってしまうこともあります。ですから、優良な業者を選ぶのです。

優良な業者を選ぶというのはさほど難しくありません。

銀行系のカードローンであれば、どこでも問題ないと考えて良いでしょう。消費者金融であれば、大手の銀行のグループ会社を選んでおけばまず間違いはありません。素性がはっきりしているので安心できますし、貸金業法という法律に則って営業していますので、何も心配はいりません。

ですから、生活費の補てんという目的でお金を借りるのであれば、銀行系か大手の消費者金融となります。

生活費の目的でお金を借りたときの注意点!

生活費の補てんとしてお金を借りる場合、一時しのぎ的に使うのが最も賢い使い方です。一時的に借りても収入があったらすぐに返すという、お財布代わりの使い方です。

ただし、お財布代わりになるからと言って、安心しきってはいけません。使い方を間違えるととんでもない目に遭います。

では、どういった点に注意してお金を借りればいいのでしょうか?

代表的なものは以下の3点です。

1.キャッシュカード感覚で使わない。

2.きちんとした返済計画を必ず立てる。

3.返済のために追加で借りない。

これらの点に注意しておけば、借金地獄にはまることはまず無いでしょう。逆に、借金まみれになってしまう人は、これらの点のどれかに充てはまる人だと考えてください。

1.キャッシュカード感覚で使わない

まず最初に気を付けたいのが、お財布代わりとして便利だからと言って、キャッシュカード感覚で使わないことです。

カードローンには、必ず金利がかかります。借りた額よりも多くの金額を返済しなければならないのです。

ですから、気軽にキャッシュカード代わりに使ってしまうと、後から請求が来た時にびっくりしてしまうことになります。

金利がつくという点はクレジットカードよりも怖いのです。クレジットカードの場合、一括で支払えば利息は付きませんが、カードローンの場合は、一括で返済しても利息がついてくるということを忘れないでください。

2.返済計画を必ず立てる

次に気を付けたいのが、返済計画です。いくら生活費が足りなくても、お金を借りるときには、返す時のことを考えてください。

翌月までに収入のめどがあり、一括で返済できるというのならあまり問題ないのですが、月々の返済が苦しいからと、ずるずると返済期間を延ばしてしまうと、結構な利息が付きます。

1か月以内に全額を返済できると言うのであれば、10万円を借りたとしても利息はせいぜい1000円から2000程度ですから、あまり金利を気にする必要はありません。

毎月4,000づつ返済したとすると、3年以上返し続けなければなりません。しかも返済額の半分以上は利息になってしまいます。こうなると金利の影響は大きくなります。

ですから、返済計画をしっかりと立ててから、お金を借りるということは忘れないでください。

3.返済のために追加で借りない

慢性的に生活費に困窮している場合、一度お金を借りると返すお金がないのですから、返済のために繰り返し借りるようになってしまいます。

こうなると雪だるま式に借金は膨れ上がっていきます。

ですから、返済のために、さらに借金するというのは絶対にやめてください。

慢性的に生活費に困っているというのなら、まだましかもしれません。

通常であれば生活には困らない程度の収入を得ているのに、浪費癖があり、ついつい生活費が赤字になってしまうような人は、さらに用心しなければなりません。

こういった方は、そもそも金銭感覚がないので、借金しているということもあまり意識していないでしょう。そして毎月のように借り続け、気づけば数百万円も借金をしているなんてことにもなりかねません。

ですから、賢い使い方をしたいのであれば、返済のために追加で借りるということは絶対にしないでください。

計画的にカードローンで借りればお金の心配もなくなります

カードローンというのは、賢く使えばかなり便利なものです。一時的にお金がないのを補てんできるのですから非常にありがたいです。

ただし、賢く使った場合にかぎります。

借金地獄に陥りやすい例として、返済に無計画な場合というのを前述しましたが、そうならないためには、計画的に返済するしかありません。

具体的には、月の収入の内、返済に回せる分以内に借入額を抑えておく必要があります。

目安としては月収の1/3以下程度と思っておいた方が良いでしょう。実際に、消費者金融の場合、借入限度額は年収の1/3以下と決められています。ですから、これを月あたりで考えると、月収の1/3以内となるのです。

これ以上借り入れてしまうと、月々の返済額よりも、借入れる額の方が上回ってしまう心配があります。

お金を返すことだけを計画的にするのではなく、借りる段階から計画を立てて利用しましょう。

大手のカードローンを利用すれば毎月の返済の相談も安心です。

きちんと計画を立ててお金を借り、計画的に返済を続けていても、予期せぬ病気やけがなどによって一時的に働けなくなり、収入がなくなり、返済に困ってしまうケースも考えられます。

こういった場合はどうしたらいいのでしょうか?

実は、大手の優良な消費者金融の場合は、返済相談ということができます。返済に困った場合に相談に乗ってくれるというサービスです。

それまでの返済がきちんとしていれば、理由をきちんと説明できれば、場合によっては利息分だけの返済で済ませてもらえることもあります。

こういったサービスは、大手の優良な業者だけが行っています。すくなくとも悪徳業者はこのようなことはしてくれませんし、中小の優良な消費者金融でも死活問題になってきますので、返済に融通が利きません。

優良で、かつ大手の消費者金融だからこそのサービスなのです。

初めてカードローンでおかんを借りようという方は、いくら大手が良いと言っても心配でしょう。ここで、優良な大手の消費者金融をいくつか紹介しておきます。

三井住友銀行のグループ会社である、プロミスモビットです。どちらの業者も、利用者からの評判が良く、リピーターもたくさんいます。

銀行系列の業者でもありますので、すごく安心して利用できます。しかも前述した返済相談も親身になって対応してくれます。

まずはこれらの金融業者のホームページをご覧ください。

参考プロミスについて詳細を見る

参考モビットについて詳細を見る