親に知られずに、カードローンを利用することはできます。ただしそのためにはクリアしなければならない条件がいくつかあります。

そのためにはカードローンの審査基準を知っておく必要があります。

カードローンの審査基準は以下の通りです。

1.継続的に安定した収入があること

2.過去に返済事故の履歴がないこと

3.年収の1/3以下の限度額であること

この3つが必要条件です。

収入については、パートやアルバイトでも、たとえ年収が100万円に満たなくとも、きちんと安定した収入が得られていれば問題はありません。

この3つの基準のほかに、大前提があります。それは年齢制限です。20歳以上であることが条件になってきます。

カードローンの審査基準は本人の経済力で決まります

カードローンの審査基準の内、若い方が特にクリアしにくいのが収入面だと思います。学生であれば、収入源はアルバイトでしょうし、会社に勤めていてもまだ年収は潤沢ではないでしょう。

それでも、毎月安定した収入があれば、カードローンの審査に通ることはできます。収入の多い少ないが影響するのは、収入面の審査ではなく、借入限度額の審査に影響するのです。いくらまで借りられるのかは、本人の経済力で決まってきます。

ですから、たとえ年収が少なくても、少ないなりの限度額で申告をすれば、審査にパスすることができます。

つまり、重要なのは、少なくてもいいから毎月安定した収入があり、その収入に見合った額の借入限度額に設定していることになります。

これまでに、クレジットカードの支払いなどで焦げ付きを起こしていないのであれば、適切ね限度額を設定していれば審査基準をクリアすることができます。

親にばれてしまう可能性があるとき

それでは、親に知られずに、お金を借りるにはどうしたらいいのでしょうか?

これは、裏返して言うと、どんなことをしてしまったら親にばれてしまうかということになります。

これからその例について説明していきましょう。

1.審査の時に実家の連絡先を申告した

2.家族と同居している

3.長期間滞納している

これらのことに注意すれば、親には知られずにお金を借りることができます。

1.審査の時に実家の連絡先を書いた

最も親に知られやすいのが、連絡先に実家の連絡先を書いて申告した場合です。カードローンの審査では一番最初に、本人確認が行われます。当然連絡先も申告しますので、その申告した連絡先に電話をかけてきて、本人確認をします。

自分で電話に対応できればいいのですが、本人確認の電話はいつかかってくるのか予測がつきません。万一親が電話に出てしまった場合には、お金を借りようとしていることが知られてしまう可能性があります。

ですから、申告の際には携帯電話の番号を告げておくと良いでしょう。

携帯電話であれば、本人以外が出ることはまずありませんし、いつ電話がかかってきても、自分で対応することができます。

2.家族と同居している場合

次に、親に知られてしまう可能性があるのが、親と同居している場合です。カードローンの審査に申し込むと、手続きの書類が自宅に郵送されてきますので、それを目にした両親は、カードローンを利用しようとしていることを知ってしまいます。

また、申し込み時には知られなかったとしても、請求書が自宅に送られてきますので、毎月請求書が届けば、どんな内容なのかが気になり、問いただすような場面にも出くわすでしょう。

親と同居している場合に、自宅に郵送物が届くのを避ける方法があります。

それは、Web完結という方法です。Web完結で審査に申し込むと、郵送物は一切なく、全てインターネット上での手続きとなります。

カードも発行されませんし、請求書もネット上で送られてきますので、親の目に触れることは全くありません。とても安心できる申し込み方法です。

ただし、Web完結を利用する場合には、その金融業者が指定する銀行の口座を持っている必要があります。20歳を超えているのであれば、口座開設もキャッシュカードの発行も何も問題なくできますし、キャッシュカードが自宅に送られてきたとしても、何も疑われることありませんので、安心して口座を開設してください。

また、Web完結では社会保険証組合保険証の提示が必要です。これらの書類があるのであれば、問題なくWeb完結で申し込みことができます。

3.長期間滞納している場合

親に知られずにお金を借りられたとしても、返済時に知られてしまう可能性があります。

それは長期間滞納してしまった場合です。

その場合には自宅に督促状が届きますので、親の目に触れてしまいます。督促状が届いても滞納状態が続くと、次には自宅に督促の電話が来ます。さすがにここまで来てしまうと、確実に親に知られてしまうでしょう。

ですから、親に知られたくないのであれば、絶対に滞納だけはしないでください。  

支払期日さえ守っていれば親に連絡が入ることはありません

長期間滞納していると確実に親に知られてしまうと説明しましたが、支払期日さえきちんと守って返済をしていれば、親に知られる心配はありません。

どの金融業者も顧客のプライバシーは守ります。ですから、きちんと返済をしている人には余計な連絡は一切しません。

連絡が一切ないのですから、親に知られることもありません。

大切なのは、計画的に返済を続けていくことです。親に絶対に知られたくないのであれば、絶対に滞納などの返済事故は起こさないようにしましょう。

どうしても不安な時はモビットのWEB完結申込がおすすめ!

それでも念には念を入れて、対策を講じたいというのであれば、前述したWeb完結という方法で審査に申し込んでください。モビットではこのようなサービスを行っています。Web完結であれば、何も郵送物は自宅には届きませんし、本人確認の電話すらかかってきません。

しかもモビットのWeb完結なら、審査時間は最短30分で終わります。その後審査にパスすれば、会員登録のメールで送られてきます。そのメールに従って会員登録をすれば、IDが送られてきますので、すぐに融資の申し込みができます。

即日審査で即日借り入れができるのもモビットのWeb完結の特徴の一つです。

ただし、Web完結で審査に申し込みには条件があります。三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に本人名義のの口座を持っている必要があります。

もし、口座を持っていないのであれば、まず口座の開設をしてください。銀行に出向く面戸はありますが、30分もかからずに口座が開設できます。

Web完結なら、自宅にいながら、審査が受けられ、融資も受けられるのです。これだけのメリットがあるのですから、口座開設の手間など気にならないでしょう。

モビットのWeb完結について詳しい情報が欲しい方は、モビットのホームページをご覧ください。必要な書類や手続きの流れなどが載っています。