お金を借りるときの金利は本当に安いのか?

カードローンの金利は、銀行系でも消費者金融でも、多少のばらつきはあれども大体3%~18%くらいです。

この金利は、はたして安いのでしょうか?

住宅ローンの金利は1%~2%程度。それに比べるとやや高めです。しかし、優良な大手の消費者金融は金利が安いことをうたい文句にしています。

金利が最も高い場合の年率18%だと、決して安くないと思われるでしょう。しかし、実はこの金利も、きちんと返済を続けていれば実際に支払う利息は年18%にはならず、より安く済むのです。

それでは、なぜ実際の利息が安くなるのか、そのからくりについて検証していきましょう。

実はカードローンの金利は高そうに見えるだけ?

定期預金に預けても利率は年0.01%と超低金利の時代だけに、金利が18%と聞くととても高く感じてしまいますが、カードローンの場合、大抵の借入額はそう高くないので、意外と利息は高くありません。

とはいえ、文面だけではなかなか実感しづらいものですので、実際に計算してみましょう。

年率18.0%で10万円を借りた場合

では、最も金利が高いケースの年率18%で借りたときの1ヶ月分の利息を計算してみましょう。

100,000円 × 18.0% ÷ 365日 × 30日/月 = 1,479.5円/月

大体1ヶ月で1,500円くらいの利息です。率にすると1.5%弱です。10万円を借りても1ヶ月で返済すれば、返済する額の合計は101,500円です。こう聞くと、金利が年率18%でも、べらぼうに高い利息がつかないことがお分かりいただけるでしょう。

1年間、まったく返済しなかったとしても、年間の利息は18,000円です。実際には月々返済をしていくわけですから、これだけの利息は払わずに済みます。

月々元金を1万円ずつ返済していくとすれば、トータルの利息は8,140円程度で済みます。

このように、金利が多少高くても、きちんと返済していれば利息はそんなに高くないのです。

つまり、早く返済すればするほど、金利はあまり気にならなくなるのです。

何回も繰り返して借りて、借入残高が一向に減っていかない人にとっては金利の重みも増してきますが、一時的な借り入れですぐに返済できるのであれば、金利はさほど気にしなくてもよいでしょう。

早く返済すれば金利は気にならない?

ただし、消費者金融で実際に10万円を借りたとすると、月々の返済額は元利合計で4,000円程度です。

実は、問題はこの月々の返済額が少ないことです

月々の返済額が少ないのは、返済がしやすいと錯覚してしまいます。しかし、月々4,000円の返済では、元金は4,000円も減らないのです。つまり利息分だけ返済額が減ってしまうので、思ったほど元金が減っていかないのです。

つまり、返済のしかたによって、金利が変わるのです。

年率18%の金利で、10万円を借りたとしたときの利息について前述しましたが、借りた1か月後に全額返済すれば、支払う利息はたったの1,500円です。

月々元金を1万円ずつ返したとすると返済期間は10カ月で支払う利息は8,140円です。

月々元利合計で4,000円ずつ返済したとすると、10か月間で4万円の返済で、そのうち元金は16,950円しか減らず、利息を23,050円も支払ったことになります。

当たり前ですが、早く返済すればするほど利息は少なくて済むのです。ですから、できるだけ追加返済をして、早く元金を減らしていくのが賢い返済のしかたになります。

大手の優良な消費者金融であれば、追加返済はいつでも何回でも、そしていくらでもできるのです。

金利が気になるというのであれば、このサービスを利用して、前倒しで返済していくことをお薦めします。

銀行カードローン、消費者金融 どっちがお得?

カードローンでお金を借りる場合、最初からいきなり高額の融資を受けるということはまず無いでしょう。たいていの場合は少額で始められることと思います。

少額の借入の場合、銀行系であっても消費者金融であっても、金利の差はせいぜい1%~2%程度でさほど差がなく、支払う利息も大して変わりません。金利に大きな差が出てくるとすれば、それは高額の借入の時です。

金利の差がそれほどないというのであれば、金利よりも返済のしかたが重要になってくるのをお分かりいただけるでしょう。

前述した通り、早く元金を減らせば、自分の努力で金利の影響を小さくできるのです。ですから、金利を必要以上に心配する必要はありません。早く返済することを考えたほうが損をしないで済みます。

銀行系のカードローンと消費者金融のカードローンの差は、金利ではなく月々の返済額にあります。

銀行系の場合、消費者金融に比べて月々の返済額が高く設定されています。月々の返済は大変になるかもしれませんが、その分元金が減るのが早いのです。

しかしながら、消費者金融でも、月々の支払額を多くする手段があります。追加返済を賢く使うのです。

比較は、金利ではなく、毎月の返済額で行う

このように、低額の借入を短期で返済するのであれば、金利を気にすることはなく、それよりも重要なのはいかに早く元金を減らせるかということになります。

銀行系のカードローンの場合、借入額が10万円だとすると、多くの銀行では月々の返済が1万円になります。金利が年18%だとしても、利息は1万円以下で、11カ月で返済は終わります。

一方消費者金融の場合、月々の返済額は4,000円程度で、返済期間は3年を超えます。総支払額の内、利息は半分以上を占めてしまいます。

ですから、お金を借りるときには、金利よりも月々の返済額をしっかりと考えておきましょう。

だからと言って銀行系をお薦めするという訳ではありません。消費者金融からお金を借りたとしても、月々の返済額をできるだけ多くしましょう。

前述の繰り返しになりますが、消費者金融の場合、いつでも何回でもいくらでも追加返済が可能です。銀行系からお金を借りたときの返済額よりも多く返済していけば、消費者金融の方が早く返し終わるということになります。金利ではなく返済のしかたが重要なのです。

しかも消費者金融の場合、返済に関する相談ができます。返済のシミュレーションもしてくれます。このようなサービスがあるので、月々きちんと計画的に返済できるのであれば、銀行系よりも消費者金融の方が有利だと言えるでしょう。

大手の優良な消費者金融には、三井住友銀行系列のプロミスという会社があります。この金融業者は、金利も銀行並みですし、前述した返済の相談も親切丁寧に対応してくれますので、初めてお金を借りられる方にはお薦めです。

プロミスについての詳細は、プロミスのホームページでご確認ください。