そもそもモビットの金利は本当に安いのか?

モビットの金利は、本当に安いのでしょうか?

ホームページには金利は年3%~18%と載っています。

他の消費者金融の情報を見てみましょう。

同じ三井住友銀行系のプロミスの場合は年4.5%~17.8%です。アコムでは年3.0%~18.0%アイフルで4.5%~18.0%と大体上限が18%程度で変わりはありません。最低利率で見ると、モビットの年3%は最も安いと言えます。

したがって、モビットの金利は押しなべて相場より若干安めと考えて良いでしょう。

さて、消費者金融のカードローンの利息の計算方法はご存知でしょうか。消費者金融の利息は日割り計算になっています。

前回の支払日翌日から次回支払日迄の経過日数で利息は決まります。途中で借入した場合は、借入前までの残元金の利息が未収利息として一旦計算され、追加借入後の残元金によって、再度日割り計算で計算されます。

そして、未収利息と追加借入後の利息を合わせたものが次回支払日までの合計利息となります。

そのため、同じ金利だとしても、借入残高が少ないほうが利息は安くなります。また、1日でも早く返済したほうが利息は安くなります。

大切なのは金利ではなく毎月の返済額がポイント

前述したことを踏まえると、たとえ金利が1~2%高かったとしても、早く返済すればその方が利息が安く済む場合もあります。

金利も大切ですが、それよりもいかに残高を減らすか、完済までの期間を短くするかの方が大事なのです。

モビットの場合、借入残高が10万円以下の場合月々の返済額は4,000円です。20万円以下なら8,000……と、借入残高が多くなるほど月々の返済額は高くなります。つまり、返済を続けていくと、月々の返済額は段階的に減っていくのです。

ここで注意しなければならないのが、返済額が減るということです。つまり、元金が減るスピードが落ちてくるのです。すると返済期間は長くなってきます。それだけ多く利息を負担しなければならなくなるのです。

利息で損をしないためには、返済に余裕が出た分、追加返済をしていくことが重要です。追加返済をすればするほど、元金は減っていきますし、返済期間が短くなり、負担する利息も減ります。

つまり、返済のしかたによっては利息を少なくできるのです。そのため、月々の返済額というのは非常に重要になります。できるだけ計画的に返済し、1日でも早く完済できるように心がけましょう。

モビットの金利を下げるための交渉術とは?

では、支払う利息を少なくする方法は他にはないのでしょうか?

利息の計算方法は借入残の元金に日割の利率を掛けると説明した通りですが、実はもう一つ利息を安くする方法があります。

「金利を下げる」という方法です。

金利を下げる方法というのは2通りあります。

一つは、借入限度額を高く設定するということです。

通常、金利は借入限度額が高いほど優遇されます。モビットの場合、限度額上限の800万円の限度額が設定できれば、金利は最も安い場合は年3%になります。同じ10万円を借りたとしても、金利が18%と3%では年間で15,000円も変わってきます。

そのため、可能であれば借入限度額を高く設定する方が返済は楽になります。

次に、借入限度額は引き上げない方法もあります。これは必ずできるといったものではありません。金利について、直接交渉する方法です。

それでは、それぞれについて詳しくみていきましょう。

1.限度額を上げる

通常、借入限度額が高いほど金利は低くなります。そのため、同じ10万円借りるにしても、限度額は多いにこしたことはありません。

決して、たくさんの借金をして、金利を下げろということではありません。限度額だけを高く設定するのです。

消費者金融の場合は、年収の1/3までは限度額を設定できます。ですから、その上限で限度額を設定できれば最も金利は安くなります。

限度額を高く設定してしまうと、ついつい借りすぎてしまうことを心配される方もいるでしょう。借金地獄に陥らないためには、限度額を低く設定したほうが良いのは言うまでもありません。ここで解説している内容は、相反していると思われるでしょう。

限度額を上げるというのは、あくまでも金利を下げることを目的にしています。自分にブレーキがかけられずについつい借りすぎてしまうという方にはこの方法はお薦めしません。

計画的に借入れて、計画的に返済できる方だけにお薦めする方法です。

2.直接交渉をする

金利について直接交渉ができるのかと不安になる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、金利については、担当者のさじ加減一つで決まりますので、同じ条件で借りたとしても、人によって金利は異なってくるのです。

貸す側にとっては、大きな利益を見込める人ほど、たくさん貸したいという想いがありますので、返済履歴が優良で、かつ大きな額を借りてくれる人ほどいい顧客となり得ます。

そのため、金利を交渉するのであれば、できるだけたくさん借りることを告げたり、他社の分もおまとめにすると言ったりすると効果的です。また、他社と競合させるというのも一つの手です。

交渉したからと言って、簡単に数%も下がるわけではありませんが、たとえ0.1%でも金利を低くすることができれば、儲けものです。

ダメ元で、交渉してみてください。意外と交渉には応じてくれます。

モビットなら一時的に利息分だけの返済の相談もできる!

ここまでは、金利と利息の話をしてきましたが、モビットには他にもサービスがあります。

モビットの場合、お金を借りた後のフォローのサービスも行き届いています。例えば、返済について相談できるという点が挙げられます。

何事もなく、健康にはたらいていて、毎月計画的に返済ができれば問題ないのですが、体調を崩したり大けがをして、一時的に働けなくなり収入がなくなってしまった場合、返済に困ってしまいます。また、急にリストラされた場合も、再就職先が決まるまでは返済に困るでしょう。

そういったときにモビットは相談に乗ってくれます。

場合によっては一時的に金利だけの返済に減免してくれる場合もあります。結果的には総返済額は増えてしまいますが、一時的に収入がなくなってしまった場合などにはとても助かります。

また、返済に困ってしまった場合だけに相談に乗ってくれるわけではありません。追加返済等についても相談に乗ってくれます。いつまでに返済したいのかを告げれば、返済シミュレーションをしてくれて、月々の追加返済額を計算してくれます。

お金を貸した後のアフターフォローが行き届いているのもモビットの特徴の一つです。

もしも金利が高いと感じるなら、借り換えるのも一つの方法!

どれだけ交渉をしても金利がなかなか下がらず、高い金利だと感じたら、より金利の安い他社から借り換えるというのも、返済を楽にする方法の一つです。

同じ消費者金融から借りても、担当者が違うだけで金利が異なるのですから、他社との差も少なからずあるということです。

実際にお金を借りなくても、借り換えの相談をすることはできます。その時に貸し出し条件は提示されますので、金利も当然わかります。最も金利の安いところを選べば、それだけ返済に有利になります。

こういった相談も、モビットなら親身になって対応してくれます。何か心配な点や不明な点、要望などがあれば気軽に相談してみることをお薦めします。

利用者の相談に親身になって対応してくれるモビットのホームページはこちらです。ぜひ一度ご覧になってください。