もしも返済に困ったことがあっても、モビットなら安心です。

お金を借りる際には返済の計画もしっかりと練ったはずなのに、予期せぬ出来事で返済できなくなったり、きちんと返し続けていたとしても返済期間が長いために利息が膨れ上がることもあります。場合によっては病気などで長期に休んでしまい収入がなくなり、返済することができなくなるケースも。

このような場合でも、モビットなら安心です。賢い返済をすれば早く完済できますし、返済が厳しい場合には相談に乗ってくれます。借りた後も安心なのがモビットです。

モビットの場合、借入残高によって月々の返済額が異なります。20万円借りたとしても、借入残高が10万円を切れば、月々の返済額は少なくなります。

つまり、返済すればするほど返済が楽になっていく仕組みになっています。しかし、ここには落とし穴があります。返済期間が長くなると、その分利息が増えてしまうので、総返済額が多くなってしまうのです。月々の返済が楽になったからといって、そのまま返済を続けると損をします。

それでは、どうすれば損をしないで済むのでしょうか?

もしもモビットで賢く返済をしたいなら?

モビットの場合、借入残高が10万円以下の場合、月々の返済額は4,000円です。20万円以下なら8,000円、40万円以下なら11,000円となります。

つまり、返済が進み借入残高が少なくなると、自動的に月々の返済額は少なくなっていきます。返済が楽になったと思ってはいけません。月々の返済額が減ると完済までの期間が長くなってしまい、利息がどんどん上乗せされてきてしまうのです。

返済が楽になった分、賢い返済をして、利息が上乗せするのを避けるようにしましょう。

具体的な方法としては、追加返済があります。月々の返済が楽になった分を、追加返済に回すのです。そうすることで返済期間は短くなり、支払う利息も少なくて済みます。

追加返済はいつでも何回でもできますので、お金に余裕が出た月に余裕ができた分も返済に回せば、さらに返済期間は短くできます。

このように賢い返済方法を取れば、利息で損をすることはありません。

では、追加返済はどのようにすればいいのでしょうか?
いくつかの返済方法がありますので紹介しましょう。

モビットの返済方法は大きく3つに分かれます

モビットの返済方法は大きく3つに分かれます。通常の返済は、この3通りの中から1つを選び、返済をしていきます。

その返済方法とは

  1. 提携ATMから支払う
  2. 銀行振り込みで返済する
  3. 口座引き落としで返済する

の3つです。

ATMを利用する際は利用手数料がかかる場合があります。その費用は自分で負担する必要があります。一部の提携ATMでも手数料がかかる場合がありますので注意してください。

次に銀行振り込みですが、この場合は振込手数料がかかります。その手数料は自分で負担する必要があります。

口座引き落としの場合は、最初の手続きが面倒ですが、一度手続きをしてしまえば、後は手数料もかからず毎月自動的に引き落としてくれるので、最も安心な返済方法になります。

1.提携ATMからのお支払

ATMから支払う場合は、支払期日までに提携ATMのあるところに行き自分で操作をして振込みます。全国の銀行やコンビニエンスストアなどの提携ATMが利用できますので、とても便利です。ただし、時間外手数料や、一部利用手数料が発生するATMがありますので、利用するATMは手数料が発生するのかどうかの注意が必要です。

三井住友銀行のATMを利用する場合は手数料がかかりません。その他にも三菱東京UFJ銀行や、イオン銀行、セブン銀行、プロミス、第三銀行、福岡銀行、親和銀行、熊本銀行などのATMが利用できます。またこれらのATMでは借入も可能です。

その他、ファミリーマートやローソン、ミニストップなどのコンビニのレジでも返済は可能ですが、この方法は、デメリットが2点あります。

まず、毎月の返済期限をうっかり忘れてしまい、督促をされることがあるということです。2つ目は、いくら全国各地に提携ATMがあるとはいえ、そこまで足を運ばなければならないという点です。

この2点が気にならないという方は、ATMでの返済を選択されても良いでしょう。

2.銀行振込での返済

次に、銀行振り込みによる返済方法です。現在利用している銀行口座から、モビット指定の預金口座に振込みます。

最近ではインターナットバンキングが普通になってきていますので、銀行窓口まで出向かなくても、パソコン上で操作ができとても便利になっています。

銀行振り込みの場合は、振込手数料が必ず発生しますが、その費用は自分で負担することになりますので、ご注意ください。

この方法にも1点だけ問題があります。それはATMからの支払いと同様に、支払期限をうっかり忘れてしまうと、督促を受けてしまうという点です。

そのため、支払期日を待たずに余裕を持って振り込みができるのであれば、この方法を選択されるのも良いでしょう。

3.口座からの引き落とし

最後に口座からの引き落としについてです。三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に口座を持っていれば、口座引き落としができます。

毎月決まった日に自動的に引き落とされるので、うっかり返済を忘れてしまったなんてことはありません。口座の残高さえ確認しておけば、最も簡単で安心できる返済方法です。

Web完結で申し込まれた方であれば、既に三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に口座を持っているので、そのような方は、口座引き落としをお薦めします。

また、カードローン契約時には、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行に口座を持っていなかったとしても、後から口座を開設すれば口座引き落としに返済方法を変更することができますので、ついうっかりということが多いのであれば、口座引き落としに切り替えられることをお薦めします。

モビットの毎月の利息はどうやって計算するの?

賢い返済をしないと利息で損をすると説明いたしましたが、利息の計算方法はどうなっているのでしょうか? 店頭やホームページの表示では年率しか乗っていません。

利息の計算は、年率を日割りにして、借入残高に借入期間分の日割りの利率をかけて計算されます。つまり、1日でも早く返済したほうが、利息は安くて済みます。

また、当然ですが、借入残高が少ないほうが利息は安くなります。利息で損をしないためには、1日でも早く、1,000円でも多く返済したほうが良いのです。

月々の返済のほかに、追加返済もできますので、手元の資金に少しでも余裕があるなら、早期に追加返済することをお薦めします。

モビットなら限度額を引き上げるだけで金利が下がります

モビットの場合、貸出金利は利用限度額によって変わります。借入残高ではありません。

そのため、少しでも金利を安くしたいのであれば、利用限度額を高くすることをお薦めします。

決して多額の借入を勧めているわけではありません。実際に借り入れる額は、必要最小限にしましょう。ただ、少しでも金利を安くするために、利用限度額だけは可能な限り高くしておいた方が得です。

利用限度額は、年収の1/3までは設定できます。たとえ10万円しか必要ないとしても、限度額は50万円程度にしておくのが良いでしょう。

ただしやみくもに高くしてはいけません。審査の際に、年収の1/3を超えた限度額で申請すると審査に落ちてしまいますので、元も子もありません。審査に確実に通る範囲内で、高く設定するようにしてください。

金利などは、モビットのホームページに詳しく乗っています。利息で損和されたくないのであれば、一度ホームページをご覧になってください。