どうしても今すぐお金がいる! 冠婚葬祭などの緊急にお金がいるのに、給料日前でピンチ!

このようなときに便利なのが、すぐにお金を借りることができる即日キャシングです。この記事では、便利なプロミスの即日キャッシングについて詳しく説明していきます。

即日でお金を借りるならプロミスがおすすめ!

まずは、プロミスの即日キャッシングについて、特徴をおさえましょう。

即日融資ができる

365日24時間、審査の申し込みができ、即日融資が可能です。

最大30日間無利息キャッシング

プロミスには初回利用時から30日間無利息のサービスがあります。

2000円分の三井住友プリカ付き

初回利用時、2000円分の三井住友プリペイドカードが貰えます。

50万円まで収入証明書なし

50万円までの借り入れなら、めんどうな収入証明書の準備の必要はありません。

男性もレディースキャッシングを使用できる

安心のレディースキャッシングは男女問わず利用可能です。

プロミスなら土日祝でも即日でお金を借りられます!

プロミスは、365日24時間、審査の申し込みが可能です。

土日などは金融期間が休みなので、借り入れができないと思われがちですが、プロミスであれば、三井住友銀行かジャパネット銀行であれば曜日を問わず振込融資を受けることができます。

お金を借りるのにプロミスが最適な5つの理由とは?

他の金融機関とプロミスの違いがよく分からない方も多いでしょう。
そのため、お金を借りるのにプロミスが最適な5つの理由を説明します。

即日融資が可能
最大30日間無利息キャッシング
2000円分の三井住友プリカ付
50万円までなら収入証明書不要
女性も男性も使用できる! レディースキャッシング

この5つの理由について、下記で詳しく説明していきます。

1.即日融資ができる

誰でも緊急でお金が必要になる状況があると思います。特に給料日前や冠婚葬祭の際など、イレギュラーな出費が重なるとどうしてもお金が必要になります。

そんな時でも安心できるのが、プロミスの即日融資のサービスです。即日融資でかつ、土日祝日でもキャッシング可能です。

2.最大30日間無利息キャッシング

キャッシングやカードローンを利用する際は、どうしても金利が気になります。特に高額な融資を受ける時や借入期間が長くなると金利だけでも大きな金額になります。

ですが、プロミスには初回利用時から30日間無利息のサービスがあります。

無利息の期間を活用して1ヶ月以内に返済すれば金利が取られる心配はありません。次の給料日に全額返済することができる場合や、1ヶ月以内にお金の工面ができる予定がある方は、無利息期間をフル活用しましょう。

3.2000円分の三井住友プリカ付き

初回利用時限定になるのですが、プロミスを利用すれば2000円分のチャージされた三井住友VISAプリペイドカードを貰えるキャンペーンを実施しています。クレジットカードと同じ使い方できるので、VISAカードの使えるお店で利用することができます。

しかし、クレジットカードとは違い、チャージされた分しか使えないので使いすぎる心配がありません。

4.50万円まで収入証明書なし

プロミスの場合は、借り入れ金額が50万を超える際、収入証明書が必要となります。審査結果や契約の内容によって、別途で必要な場合もありますが、基本的には契約金額50万までは、プロミスでは収入証明書は必要ありません。

また、収入証明書として認められている書類としては、「確定申告書」「源泉徴収票」「税額通知書」「所得証明書」「直近2ヶ月分の給与明細書」などがあります。

詳しい書類の指定などは、プロミス公式サイトでご確認ください。

5.女性も男性も安心! レディースキャッシング

意を決してお金を借りようとするのに、男性のオペレーターが相手だと不安になる方もいらっしゃいます。
ですが、プロミスのレディースキャッシングならオペレーターは女性だけで、親切丁寧に分からないことや不安なことも安心して対応してもらえます。

このレディースキャッシングは、20歳~69歳までの日本国内の居住する人、安定した収入がある方が対象なので、女性だけでなく男性も利用可能です。

また、こちらのキャッシングサービスについても、24時間インターネットやスマートフォンから申し込み可能です。

プロミスの審査に通るために大切なことはこれ!

プロミスの審査は、20歳~69歳の安定した収入のある方、という非常にシンプルな基準ですが、審査に通るために抑えておきたい大切なポイントがあります。

まず、最初に多重責務者かどうかです。

多数の消費者金融から借り入れをしていたり、同時に複数社申し込みをしてしまいますと、多重責務とみなされ審査には通らなくなってしまいます。また、過去の借り入れで遅延や責務整理などを行ったことがある人はプロミスの審査に通る可能性が低くなります。

次に、総量規制により、賃金業者は個人の年収の3分の1を超えた貸付けをしてはならないと定められています。

ちなみに、賃金業者とは、消費者金融やクレジットカード会社のことを指し、銀行は含みません。

そして、プロミスの審査では、月に1回以上の安定した収入があることが必要です。そのため、月1回以上の収入はなければ審査に落ちてしまいます。

歩合給制の会社は審査が通りにくく、利用限度額が制限されてしまう可能性があるので、固定給が有利となります。また、固定給制でも勤続年数が少ないと、辞めてしまうリスクがあると判断され、審査に通りづらくなってしまいます。

これらのことを踏まえ、自分が該当するかどうかをよく考え、審査に申し込むようにしましょう。

プロミスなら「瞬フリ」で今すぐ借りられて安心!

プロミスでは瞬フリというサービスを行っています。
三井住友銀行かジャパネット銀行の口座があれば、最短10秒で振り込みが可能となるサービスです。
しかも、24時間365日の振込融資対応なので、急にお金を借りる用事ができても慌てる心配はありません。

通常、消費者金融側からお金の振り込みがあっても、銀行側が土日・祝日の営業がありませんので、実際に振り込まれるのは、翌営業日となってしまいます。

しかし、この瞬フリキャッシングサービスなら、三井住友銀行とジャパネット銀行と提携しているため、土日・祝日を問わず借り入れができるとても便利なサービスです。