銀行と消費者金融のカードローンの審査内容に違いはありません。

審査通過率から推定すると、かつてのような「銀行系カードローンの審査は通りにくい」とは言えず、審査通過の難易度は、ほぼ同じ程度のレベルになってきたと言えるでしょう。

この記事では、銀行系カードローンと消費者金融の審査の違いについて解説します。

銀行と消費者金融のカードローンの審査に差はあるの?

まず、「審査そのものに違いはないが、審査基準にはわずかな違いがある」というのが答えです。

銀行系カードローンが提供されるようになった当初は、当たり前のように「銀行のカードローンは、ハードルが高い」と言われていました。すなわち、消費者金融系カードローン の 審査は甘い(クリアし易い)が銀行系カードローン の 審査は厳しい(クリアし難い)と言われていたのです。

しかし、この位置付けは崩れてきており、銀行系カードローンの審査は消費者金融系カードローンよりも厳しいとは言えなくなっています。銀行と消費者金融のカードローンの審査に差がなくなっているというのが近年の実態です。

銀行と消費者金融のカードローンの審査には差がなくなっており、審査基準には次の2点で違いがあります。

  • 申込条件
  • 利用(借入)限度額

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

申込条件

消費者金融系カードローンにとって、個人の年収の3分の1を超える貸付を禁止した貸金業法に定める「総量規制」の適用を受けるのは、あまりいいこととは言えません。この定めによって、収入がゼロの人には貸し付けできません。

そのことから、商品案内や商品広告などには、「安定した収入のある人」という申込条件を明示しています。

しかし、銀行系カードローンは銀行法の適用を受け総量規制の適用を受けないことから、「年収がゼロの人に対する貸付」を行っても違法ではありません。

とは言え、銀行業の社会的な役割や道義的責任などから、消費者金融系カードローン同様「安定した収入の見込める人」といった申込条件を設定しています。

また、多くの銀行系カードローンでは、無収入の人の申込みを認めていません(本人に収入がない場合、配偶者に安定した収入がある人の申込みを受け付けるカードローンはあります)。

利用(借入)限度額

消費者金融系カードローンは貸金業法の適用を受けることから、申込者は年収の3分の1を超える借入はできません。年収が210万円の人が借入できる限度額は、3分の1である70万円です。

しかも借りられるのは借入金の総額ですから、すでに他の貸金業者から50万円の借入がある場合は、20万円までしか借入できません。この総量規制に違反して貸付をした場合、貸金業者には貸金業法第48条に基づき「1年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金」が科せられます。

しかし、銀行系カードローンは総量規制の適用を受けないことから、「本人の年収」に関係なくいくら貸付をしても違法ではありません。

この総量規制の適用を受けないことをセールスポイントにした銀行系カードローンもありますが、実際に貸付している利用(借入)限度額、特に初回の借入限度額は、消費者金融系カードローンとさほど差がないのが現実です。

このように、法的には銀行と消費者金融のカードローンの審査基準に違いはありますが、運用上の審査基準にはほとんど差がありません。

銀行系カードローンの審査は通りにくいのか?

審査の受けた人のうち何人の人が審査を通ったかを示す指標に、「審査を通過した人数」を「審査を受けた人数」で除した「審査通過率」があります。

かつて消費者金融では、審査通過率は「60~70%前後」ありました。しかし、2008年9月にはリーマンショックによって窮地に追い込まれた銀行が、個人向け貸付のカードローンに活路を見出して本格参入を始める一方、2010年6月には貸金業法の改正が完全施行されたことで、審査通過率は急激に低下してきました。現在では「35~45%前後」といったレベルにまで大幅に低下しています。

代表的な消費者金融の2015年3月~2016年2月の平均の審査通過率を紹介すると、

  • プロミス:43.2%
  • アコム:47.7%
  • アイフル:46.2%

とすべて40%を超えていますが、ノーローンの場合は22.7%で大手消費者金融の約半分の審査通過率です。

一方、銀行系カードローンの審査通過率は、ネット上に公表されていないことから明らかではありません。ただし、決算報告書で示されている新生銀行レイクの審査通過率は、2015年7月~9月期で33.9%です。また、ネットの記事情報に因れば、銀行系カードローンの審査通過率は銀行によって差があるものの20~40%と言えます。

ここではわずか1つだけの例になってしまいますが、新生銀行グループの消費者金融であるノーローンの消費者金融系カードローンの審査通過率よりも、新生銀行レイクの銀行系カードローンの審査通過率の方が高いことが分かります。

この審査通過率をみれば、必ずしも「銀行系カードローンの審査は通りにくい」とは言えないようです。

銀行系カードローンが通りやすくなったのはなぜ?

審査通過率から推定すると、かつてのような「銀行系カードローンの審査は通りにくい」とは必ずしも言えません。むしろ、審査通過の難易度は同じ程度のレベルになってきたと言えるようです。

現在のように審査通過の難易度が同じようなレベルになってきた要因は、大きくは2つあります。

1つは、「改正貸金業法の全面施行に対応するため、消費者金融系カードローンの審査基準が引上げられたこと」です。

個人向け貸付で莫大な収益を確保してきた消費者金融は貸金業法の改正によって大きな影響を受け、そのことで多くの消費者金融が経営破綻しました。

銀行と連携や合併することで経営破綻を免れた消費者金融では、貸金業法の改正に適応するために行わざるを得なかったのが「審査基準の引上げ」なのです。

かつては誰でも通るとさえ言われていた消費者金融系カードローンの審査は、「銀行並みに通りにくい」レベルの審査へとその基準が引上げられました。

他の1つは、「銀行が保証会社による保証を前提にしたカードローンのシステムを導入したこと」です。

主に企業への貸付業務を展開していた銀行は、2008年からのリーマンショックによる経営危機の打開策として取組みを強化したのが、個人向貸付でありカードローンです。

個人向貸付事業に本格的参入する際の銀行の戦略は、当時、破綻の危機に見舞われていた個人向貸付や債券回収のプロである消費者金融と提携したり子会社化したりすることでした。

このことで、消費者金融が蓄積してきた個人向貸付のノウハウを導入するとともに、提携・子会社化した消費者金融に保証会社として保証を委託することで新たな銀行系カードローンを商品化したのです。

このことで保証会社の消費者金融が審査を行う銀行系カードローンは、かつての「通りにくい」審査から保証人としての役割を果たす保証会社並みの審査へと基準が引下げられてきたと言えます。

まとめ

銀行と消費者金融のカードローンの審査内容に違いはありません。自分の収入と計画に見合ったプランを選び、慎重な借り入れを行いましょう。

プランの比較は、こちらのページからどうぞ。