審査に落ちた人に対し、その理由や要因を説明するカードローン提供会社はありません。

しかし、審査に落ちるのは、「スコアリングの点数が低い・信用情報に問題がある・在籍確認に問題がある」といったことが理由や要因であることが一般的です。

この記事では、プロミスの審査に落ちる人が見逃がしがちなポイントと、審査に通るための対策を解説しています。

カードローンの審査基準について

カードローンは、申し込みさえすれば誰でも借りられるわけではありません。

商品に設定されている「申込条件」を満たしている人だけが申し込みでき、「審査」をクリアして初めて借入が可能になります。

申込条件は、審査と区別して取りあげられることもありますが、申込条件とは、申込者を選別する基準であり、公表された審査基準の1つと言えるでしょう。

カードローン提供会社では申込条件以外の審査基準は公表しておらず、カードローン提供会社では独自に設定した基準に基づいて審査を行っています。


ネット上にはさまざまなカードローンに関する審査基準やその内容が紹介されていますが、それらは申込経験者や消費者金融や銀行での審査経験者などから収集した情報をもとに提供されているものです。

審査基準が公表されていないのは、プロミスカードローンにおいても同様です。

ネット上にはプロミスの審査基準としてさまざまな情報が提供されていますが、どこのカードローン提供会社の審査基準にも該当するような内容が紹介されています。

これは当たり前のことと言えるでしょう。それは、いずれのカードローンでも「申込者の信用力と返済能力が審査の対象」なのですから、審査項目や内容は同じようなものになって当然なのです。

ただし、同じ審査項目であっても、それの重要度やウェイト配分には、カードローン提供会社によって違いがあります。

プロミスカードローンの審査項目と審査基準

ここでは、プロミスカードローンの審査項目と審査基準について詳しく解説します。より詳細な情報が必要な人は、プロミスカードローンの商品説明書や申込書とともに、ネット上に多数提供されている情報を参照ください。

申込条件

プロミスカードローンの申込条件は、次の2つです。

  • 年齢20歳以上、69歳以下の人
  • 本人に安定した収入がある人:主婦や学生でパート・アルバイトによる安定収入のある人は申し込み可能です。

審査項目と審査基準

審査項目と審査基準の項目は次のとおりです。審査基準はネットの情報に基づいたものです。

  • 氏名、性別
  • 生年月日
    年齢は若い人よりも、ある程度年齢が高い人のほうが有利(ただし、60代以上の高齢者は不利)
  • 家族構成、子供の有無
    独身よりも結婚している、子供がいる、親と同居しているという順に有利 
  • 自宅電話の有無
    固定電話が無くても携帯電話があれば問題なし
  • 運転免許証の有無
    本人確認書類の代表的なものであり、持っていると有効
  • 自宅住所、住まいの種類
    賃貸より持ち家の方が有利(ただし、住宅ローンの返済は収入から差し引いて評価)。
  • 勤務先、勤務先住所、電話番号、所属部署、業種、社員数
    公務員や大企業のサラリーマンは有利で、自営業はやや不利
  • 最終学歴、入社年月
    学歴は関係ないが、勤務年数は3年以上が有利
  • 雇用形態
    アルバイト、パート、派遣社員、契約社員などは正社員に比較して不利
  • 年収
    収入は少ないより多い方が有利(ただし、収入の安定性の方がより重要
  • 健康保険証の種類
    国民健康保険、日雇保険、船員保険は収入の安定性が低く評価され審査には不利
  • 職種
    収入の安定している公務員や事務系は、自由業や営業系の収入が不安定で定着率の低い職種よも有利
  • 他社借入件数と金額
    他社借入が5件以上は不利。借入総額が年収の3分の1を超えていると借入はできない

プロミスカードローンの審査方法

プロミスカードローンの審査は、スコアリング方式で行われます。

スコアリングとは、申告された属性情報をコンピューターで自動的に点数化することで申込者の「信用度と返済能力」を表し、貸倒れになる可能性があるかどうかを判断する材料として活用するものです。

例えば勤務先の項目で「大企業や公務員なら5点・中小企業なら4点・自営業なら2点・パートなら1点」、また、 年収の項目で「400万円以上が5点・300万円台が3点・200万円台が2点・200万円未満が1点」といったように点数化します。

 

属性情報のスコアリングに続いて行われるのは、信用情報機関への個人信用情報の照会です。

プロミスでは他社借入が5件以上あると審査には不利で、借入総額が年収の3分の1を超えていると審査をクリアできません。

また、信用情報に長期延滞・債務整理・強制解約・代位弁済などの情報が登録されていると、審査のクリアは困難です。

なお、在籍確認も必ず行われますが、勤務先への電話以外の方法での在籍確認の相談に対応してくれることから、勤務先にカードローンの使用を知られたくない方にはプロミスのご利用をおすすめします。

プロミスでは、このように属性情報のスコアリングでの点数化・信用情報機関への情報照会・在籍確認を経て、審査担当者による総合判断が下されるのです。

プロミスの審査をクリアできないのはどのような人か?

プロミスに限らず、審査をクリアできなかった人に対して、カードローン提供会社がその理由や要因を申込者に説明することはありません。

しかし、審査をクリアできないのは、「スコアリングの点数が低い」「信用情報に問題がある」「在籍確認に問題がある」といったことが理由や要因であることは明らかです。

次に、どのような理由や要因で審査をクリアできないのか、具体的に列挙して紹介しましょう。

申込条件関連

  1. 年齢が「20歳以上、69歳以下」に該当しない
  2. 安定した収入がない
    プロミスの審査では「定期的で安定した収入があること」が必要です。

属性情報関連

  1. 申込書で虚偽の申告をした
    審査をクリアできないばかりではなく、悪質な場合は警察に通報されます
  2. 次の審査項目でスコアリングの点数が低い。
    • 勤務先
      中小企業勤務者や自営業は点数が低く、反社会的企業や職種の勤務者は審査のクリアは不可能
    • 年収
      400万円以下は点数が低い。
    • 勤続
      勤続3年以下は点数が低く、3カ月未満の場合は審査で不利
    • 健康保険の種類
      国民健康保険の加入者は、社会保険や共済保険などの加入者に比べて点数が低い。
    • 他社借入件数と金額
      件数は多いほど点数が低く、借入総額が年収の3分の1以上の人は審査のクリアは不可能
    • 職種
      芸能人、プロスポーツ選手、タクシー運転手、皮革製造業や港湾作業の従業員などは点数が低い。

信用情報

  1. 過去にプロミスを利用した際に次のような取引があった場合は、審査のクリアは困難
    • 30日以上の延滞をしたことがある。
    • 7日以上の延滞を5~6回繰り返したことがある。
    • 自力で完済できず、第三者が肩代わりしたことがある。
  2. 信用情報機関に、次のような情報が登録されている場合は審査のクリアは困難
    • 長期延滞、債務整理、強制解約、代位弁済などの事故情報が登録されている。
    • 貸金業者からの借入れが、すでに年収の3分の1に達している。
    • 6カ月以内に複数社に借入れの申込みをしている。