キャッシングを利用する時は毎月の返済日に忘れずに返済を行う必要があります。

コンビニなどのATMから、好きな時に返済ができるようになっていることがほとんどではありますが、それでも必ず基本的に1ヵ月に1回毎月の返済期日が設定される場合がほとんどです。

例えば、余裕がある時に多めに返済をした場合でも、それとは別に毎月決められた返済日に必ず返済を行う必要がありますので注意しましょう。

そのため、毎月の返済日がいつなのかと、返済方法を必ず覚えておき、忘れずに実行することが必要です。

万が一毎月の返済日を忘れてしまうとどうなってしまうのでしょうか?

キャッシングの申し込み状況や利用状況は、信用情報機関と呼ばれる場所に記憶されています。

そのため、毎月の返済日に一日でも遅れてしまうと、返済を遅延したという記録が後々まで残ってしまいます。

そうすると将来そのキャッシング会社とは全く関係のないクレジットカード等の申し込みをしたいときに、延滞した記録がわかってしまう仕組みになっているのです。

このような、返済に遅れたという記録は、何年間も消えずに残りますので、十分に注意する必要があります。

あとで後悔しないためにも、毎月の返日は、必ず把握しておきましょう。